新型コロナ―1年を経過して解ったこと

新型コロナが日本に上陸して1年が過ぎましたが、私がここまで来て解ったことをお伝えします。

殆どの方は大したことなく症状をクリアしている

これが一番大きいことでしょうか。
そもそも「コロナウイルス」は一般的な風邪の原因ウイルスともされており、今般の新型コロナでも大半の方は軽症でクリアしていることが解ってきました。
重症者に至っても持病ありの方や他に原因のある方が殆どと言うことも解ってきています。

感染のトリックがバレてきた

今回の感染症確定検査に使われているのは「PCR検査」でありますが、この検査とプラスして抗原検査やCTの検査など他の精密検査を用いて感染であると確定しますが、「PCR検査」だけで通したことが大きいと言えます。
この検査は偽陽性が多く出てしまうと言うデメリットを持ちます。つまり新規陽性者の中には「本物の陽性者」と「偽物の陽性者」が紛れていることになり、これが感染拡大のトリックに繋がったのです。
目覚めた方の大半はこのトリックを見破り、「コロナは茶番」「コロナは政治」などの思想がどんどんと生まれて来るようになりました。

メディアで言っていることに対し疑問を持つようになった

この内容も非常に大きいと言えます。
メディアがひっきりなしに新型コロナを煽った分、そのツケが今になって出て来た感じでしょうか。あまりにも酷すぎる内容のせいか「テレビを捨てる」と言う強者も。

手の内を明かしてしまった「悪」へのシナリオ

目覚めてきた方が突如として調べ始めた事と言えば、「新世界秩序(ニューワールドオーダー)」ではないでしょうか。
これらと国が進めている「ムーンショット計画」「SDGs」などが全て「悪へのシナリオ」として、全世界で手の内を次々と公開してしまったのです。
「悪」はこれらを陰謀論として全て無かったことにして片付けようとするのですが、もう止める事は出来ません。

上から解る通り、1年前と比較すると多くの方がこの感染症へ疑問を持つようになり、自分の頭で考えて行動に移す方が増えてきました。
ただ、まだそうでない方もいらっしゃるようで、先は長そうです。


上で申し上げたことをまとめるとこうなります。

「『悪』が良かれと思って準備した駒が、全て『悪』を滅ぼす負の駒に変化した」

「悪」が人類に対して「これ良いんじゃ無いか?」と思ったものが、全て自滅へと向かわせるように変わってきたのです。
特に「PCR検査」は一番大きいのではないでしょうか。「PCR検査」は本来、ウイルスなどの遺伝子を調べるために増幅させて見つけやすくする為の検査であり、これでもって陽性と判断されても症状や感染したかどうかの有無までは判定出来ません。これを感染判断に使ってしまったことが「悪」にとって逆に痛手になってしまいました。

今後、一般の方のワクチン接種が始まりますが、ここをきっかけに陽性者数が拡大すると国民は一気に目覚め始める可能性が高くなってきます。
日本人を含め全世界の方々も、あともう少しで「悪」は滅びます。最後の最後まで気を抜かずに「悪」を駆逐しましょう!

日記

Posted by asrblog