割合をあえて載せている理由は?

当ブログに掲載している下記特設ページについて、何故割合を載せているのかの理由をお教えしましょう!

割合を載せている理由は、「人口全体から見た場合、陽性者はこの位になりますよ」と言う事を皆様へお伝えしています。
一般のメディアや都道府県の新型コロナ特設ページでもこの値は載せていません。

つまり、感染への不安を解消させるためにあえて載せているのです。

例題として2021年4月15日の大阪府の新規陽性者を見てみましょう。この表の右側にあるのが「人口全体から見た陽性者の割合」です。この日は1,208人の新規陽性者が出ましたが、全体の「0.0137%」でした。
大阪府の2021年3月現在の総人口は「8,806,371人」であり、総人口の1%を計算すると「88,064人」になります。
実際に出た割合は「0.0137%」なので1%にも満たしていないことから、この数を見ると大した感染症では無いと言う事が解りますね。

人数をグラフにするとこんな感じになります。

「新規陽性者」はどこへ行ったー!!😅
グラフから消えてしまうほど大したことが無いのです。

「総人口の1%」がまずどの位あるのかを考えれば、この感染症が怖いものでは無いと言う事が解りますよ☺
皆さんも是非お試しを。

日記

Posted by asrblog