さようなら、一眼レフ機

本日をもって、一眼レフ機の運用が終了しました・・・。

私が持っている一眼レフ機(EOS 5D Mark IV、EOS 90D)です。
90Dはそこそこ出番があったのですが、5D Mark IVはR6にお株(?)を奪われすっかり出番を失うことに。
機材をミラーレス機へ統合させるため、売却となりました。

それぞれの背面。
5D Mark IVは固定式、90Dはバリアングル式と使用する層にあわせた造りになっていますね。
特に90Dは7D Mark IIの遺伝子を受け継ぎ、連写を毎秒10コマ、マルチコントローラーの搭載など中級機としてはかなり凝っています。

軍艦部。
肩液晶が5D Mark IVと90Dで異なっていますね。一眼レフ機がこれがあると何かと便利。

2015年のEOS Kiss X7iを皮切りに始まった一眼カメラライフ。
ここまで約5年半続けてきた一眼レフカメラともお別れすることとなりました。そして時代は一眼レフからミラーレス一眼に・・・。

さて、この2台を売却した代わりに導入するミラーレス機は・・・?