80D、再びのお別れ

2021年ビックカメラ福箱で入手したEOS 80Dですが、僅か2週間弱でお別れする事となりました。

色々考えた結果、今後一眼レフ機に代わってミラーレス機が台頭してくる(どのカメラメーカーもその勢いとなっている)ので、
一眼レフ機は3台以上無くても良いだろうと思い80Dの売却に踏み切りました。

本来であればすぐに売却しても良かったのかも知れませんがそうすると「転売」を疑われる可能性があるため、ある程度使用していました。
また、緊急事態宣言がのしかかって来たため未だに外出撮影もがろくに出来ていない事も重なり、レフ機の出番が殆ど失う結果にも繋がっています。
(「愚」である緊急事態宣言を認めてしまった政府や都道府県に怒りをぶつけたいぐらいです)
そのこともあり、売却する方向となりました。

感染症はこの時期は何処でも発生するのに、それを「非」として扱うメディアや一部専門家には本当に腹立たしく思います。
ウイルスの押さえ込みなんか元々出来やしないのに強制的にやってしまう癖が抜けきれないのでしょうか?

怒りの出し過ぎは良くないので、ここまで。

後任としては売却方向で使用休止していたEOS Kiss Mを復帰させることに。
80Dの売却分で中古のEF-Mレンズを購入。さてどんなレンズが来るのか?